よくある質問

 

① 仕訳入力業務

質問1 記帳業務だけで依頼は出来ますか?
質問3 領収書請求書等は分類が必要ですか?

A :

記帳業務と税務申告業務とセットでお請けします
質問2 現金出納帳の作成は、必要ですか?

A :

最低でも、交際費、交通費、諸会費、雑費等には分類してください。

分類されていない場合には、お尋ねの問い合わせが多くなり、料金が加算される場合もあります​。

A :

青色申告の要件になるので、作成をお勧めします。
質問4 納期による料金の違いはありますか?

A :

状況にもよりますので、詳しくはお問い合わせください

② 決算業務

質問1 記帳業務だけで依頼は出来ますか?

A :

記帳業務と税務申告業務とセットでお請けします
質問2 現金出納帳の作成は、必要ですか?

A :

青色申告の要件になるので、作成をお勧めします。
質問3 領収書請求書等は分類が必要ですか?

A :

最低でも、交際費、交通費、諸会費、雑費等には分類してください。

分類されていない場合には、お尋ねの問い合わせが多くなり、料金が加算される場合もあります​。

質問4 納期による料金の違いはありますか?

A :

状況にもよりますので、詳しくはお問い合わせください
 

③ 税務業務

質問1 電子申告業務は、決算業務に含まれますか

A :

はい、電子申告業務は決算業務に含まれます。
質問2 修正申告書は作成していただけますか?

A :

作成と申告で、100,000円(税別)~ でお受けいたします。 

質問3 更正の請求書は作成していただけますか?

A :

作成と申告と税務署等との折衝で、

150,000円(税別)~ でお受けいたします。

質問4 税務調査に立ち会っていただけますか?

A :

立会い料金は、50,000円(税別)/日

税務顧問契約を締結している場合30,000円/日

となります。

質問5 税務顧問契約の顧問料はいくらですか。
     また質問回数に制限はありますか?

税務顧問料は、50,000円(税別)/年 質問回数に制限は

ありません

A :

質問6 消費税の課税事業者かどうかが分かり
     ません。

A :

​簡易的な現状の判別基準は下記のようになります。詳しくはお問い合わせください。

1. 基準期間※1における課税売上高が1,000万円を超えるか

2. 特定期間※2における課税売上高が1,000万円を超え、給与支払額が1,000万円を超えるか

3.新設法人のその事業年度の開始の日における資本金の額又は出資の金額が1,000万円以上である場合や特定新規設立法人に該当する場合

※1基準期間:その事業年度の前々事業年度を指します。

※2特定期間:その事業年度の前事業年度開始日から6ヶ月間をいいます。